1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 我孫子市

給湯器の交換は我孫子市の専門店へ《ノーリツ・リンナイ格安》

我孫子市でガス給湯器の交換を本体最大81%割引、10年工事保証無料でご案内いたします。料金は本体代や古い給湯器の処分費、工事費など全て込み込み!長期で安心の年数が選べる商品保証、現金またはカード払いの選べるお支払方法などサービスも充実。エコジョーズやエコフィールなどの省エネ給湯器、暖房熱源機などへの買い替え、湯沸かし器やバランス釜の取り付け工事もおまかせください。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

エコ給湯器とは

お風呂の湯沸かしやシャワー、キッチンでの洗い物、洗面化粧台など、給湯器は1台で家中のお湯を沸かしています。お湯を沸かすためには燃料を消費しますが、省エネタイプの給湯器なら燃料を効率的に使うため光熱費が節約できるのです。代表的なエコ給湯器の種類と違いを解説します。

エコジョーズ

エコジョーズは燃料にガスを使っています。ガスは都市ガスとLPガス(プロパンガス)があり、一般的にはLPガスより都市ガスの料金が安い場合がほとんどです。エコジョーズは潜熱回収型給湯器と呼ばれ、お湯を温める熱交換器を2台搭載することで、回収した排熱を利用して2回に分けて水を加熱します。瞬間的にお湯を沸かすので、タンクが必要な給湯器と違って設置場所を取らず交換費用も比較的低価格ということで人気の製品です。弊社ではエコジョーズタイプの給湯器は常備在庫しているので、最短で当日中の交換工事にも対応可能です。

エコキュート

エコキュートは電気を燃料にするエコ給湯器ですが、電気給湯器とは仕組みが違います。電気給湯器は電気代が安くなる夜間にお湯を沸かしてタンク内に溜め、必要な時に利用する仕組みです。一方エコキュートはヒートポンプ式で、空気の熱を自然冷媒に集めて圧縮して温度を上昇させ、高温になった冷媒の熱を水に伝えることでお湯を沸かします。外気温が10度以上であれば利用することができ、圧縮の際に電気を使うので外気温が高いほど熱を作るコストが下がります。ガス給湯器より月々の光熱費(ランニングコスト)が約4分の1以下とかなり抑えられますが、お湯を溜めるタンクやヒートポンプユニットの両方が必要なため初期費用(イニシャルコスト)が倍以上かかる点に注意しなければなりません。

エコフィール

エコフィールは石油を燃料とした給湯器です。石油給湯器は灯油ボイラーとも呼ばれており、主に北海道など寒冷地において高いシェアを占めています。エコジョーズと同じく潜熱回収型ですので熱交換器を2台搭載した瞬間湯沸かし式を採用、タンクも不要のため省エネ型給湯器の中でも比較的低価格と言えるでしょう。石油(灯油)はコストがガスより安いですが、無くなったら補充する手間がかかります。

我孫子市でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

故障したガスふろ給湯器の交換のご依頼です。お湯はりと追い焚きはできるが、蛇口からお湯が出ずリモコンの電源もつかなくなっている状態。できるだけ早い対応がご希望です。

リンナイのエコジョーズ給湯器 RUF-E2405SAWへ交換

我孫子市の戸建てで、13年使用したパーパスのGX-240ZWをリンナイのRUF-E2405SAWに交換させていただきました。両方とも屋外設置の壁掛型24号ですが、お客様と打ち合わせしてフルオートの通常タイプからオートのエコジョーズタイプに変更しています。そのため、通常の給湯器の本体交換と配管交換、ガス管の交換作業に加えてドレン排水処理用の配管も作りました。この作業自体はほとんどの場合で特に時間のかかるものではありませんが、状況によって設置方法が変わります。ご依頼の際に現場の写真を送っていただくか、現地調査から担当させていただきます。その際、工事内容について細かくご説明させていただきますのでご不明な点がございましたらお申し付けください。

担当者からのコメント

お客様よりガス代の高さが気になっているとご相談がありましたので、光熱費が節約できるエコジョーズをオススメさせて頂きました。エコジョーズは熱効率が高い省エネ型のガス給湯器で、ほとんどのエネルギーを無駄にせずたくさんのお湯を沸かすことが出来ます。今まで通りお湯を使ってもガス代や電気代を節約でき、お湯の使用量が多ければ多いほどお得になる給湯器です。
さらに、今回はフルオートからオートにも変更しています。フルオートは追い焚き管の洗浄や足し湯などの機能があり、便利ではありますが水道代や待機電力が高くなるためオートをご提案しました。

給湯器の交換時期

給湯器や瞬間湯沸かし器やバランス式風呂釜は、長期間使用することで本体内部の部品や配管や制御基板などが劣化してしまい、見た目には分からなくても熱効率が低下しておりエネルギーが無駄になっている可能性があります。効率が下がっていると、同じガスの量でも作れるお湯の量が少なくなってしまうのです。場合によっては、お湯が出なくなったり、異音や騒音、焦げ臭いなどの異臭、温度調節ができないなど明らかな不具合の症状が現れる場合もあります。これら不調の症状があれば寿命が来た証拠ですので、完全に壊れる前に交換しておきましょう。

給湯器の修理と交換について

給湯器は各メーカーより交換時期が約10年とされており、それ以上の期間が過ぎると後継機種や新機種の発売に伴い古い機器の交換部品を保有しなくなります。10年未満かつ保証期間内の故障であれば、メーカーに連絡すると無料で修理してもらえる場合もあります。しかし、部品によっては費用が実費になることもありますし、古い機器は何度も修理しなければならない可能性があるのです。古い給湯器は最終的に交換が必要ですので、もし修理費用があまり高額であれば思い切って買い替えることで余計な出費を抑えることが出来ます。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ