1. 給湯器交換のトラブル110番
  2. エコジョーズの給湯器

ガス効率給湯器 エコジョーズとは

エコジョーズとは、これまでの給湯器に比べて少ないガス量で効率よくお湯を沸かす仕組みになっている、省エネタイプの給湯器です。消費エネルギーが少なくなるためランニングコストを抑えることができ経済的にやさしいだけでなく、排出する二酸化炭素も少なくなるため、地球環境にもやさしい給湯器です。

エコジョーズ給湯器の3つのポイント

熱効率が約15%アップ

これまで廃棄され使用されていなかった排熱を廃棄せず無駄なく使用する仕組みとなっているため、効率的にお湯を沸かすことが可能です。これまでは約80%ほどであった給湯熱効率は約95%まで上昇し、約15%給湯熱効率が向上しています。

使用ガス量を約12%カット

給湯熱効率が向上したことにより使用するガスの量が少なくなります。現在LPガスをお使いなら、年間ランニングコストが約20,600円節約することができます。また、待機電力もリンナイ製で1.1W~2W、ノーリツ製で0.9W程度と、従来型の約半分となっています。

CO2排出量を約15%削減

毎日エコジョーズ給湯器を使用することで地球温暖化の原因となるCO2の削減量は257kg-CO2となります。このCO2の量は、杉の木18本が1年間に吸収する量と同じです。

エコジョーズ給湯器のしくみ

エコジョーズのポイントは、排熱を捨てずにうまく活用していることです。
給湯器は水が通る管をバーナーで温めてお湯に変えていますが、温める際に発生する熱は一度使うと排熱として捨てられていました。エコジョーズ給湯器は配管を伸ばすことによって排熱を利用して管を温められるようになっているため、バーナーのみで水を加熱するより少ないエネルギーで適切な温度のお湯を作ることが出来るようになっています。そのためガス量が少なくてもたくさんのお湯を沸かすことができるのです。

エコジョーズでお得になる人、ならない人

エコジョーズはお湯をたくさん使うほどガス代が安くなるという特徴があります。
これは言い換えると、お湯を使う量が少ない、追い焚きをしないのであれば省エネ効果が低いということにもなります。
お湯を多く使わないご家庭においては、ガス代の変化が少なくお得感を得にくくなるのです。

また、エコジョーズは部品の数が多く構造が複雑となっているため、従来型に比べると本体価格と工事にかかる費用が高額です。
給湯とおいだき、さらに床暖房や浴室暖房乾燥機を使用しているご家庭ならガス代が安くなるため、初期費用を簡単に回収できます。
しかし、普段からあまり湯船に浸からずお湯はりも追い焚きも使わないご家庭などでは、給湯器本体代や工事費が高くなるだけで差額を回収することが難しくなりますので、無理にエコジョーズを使うことはおすすめしません。

当店おすすめエコジョーズ給湯器

エコジョーズオートタイプ

24号

エコジョーズオートタイプRUF-E2405SAW(A)

本体代金:341,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

134,900円(税抜)

20号

エコジョーズオートタイプRUF-E2005SAW(A)

本体代金:314,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

129,900円(税抜)

16号

エコジョーズオートタイプRUF-E1615SAW(A)

本体代金:290,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

128,900円(税抜)

エコジョーズフルオートタイプ

24号

エコジョーズ
フルオートタイプGT-C2452SAWX-2 BL

本体代金:341,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

144,900円(税抜)

20号

エコジョーズ
フルオートタイプGT-C2052SAWX-2 BL

本体代金:319,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

129,900円(税抜)

16号

エコジョーズ
フルオートタイプGT-C1652SAWX-2 BL

本体代金:281,000円(税抜)
リモコン:33,000円(税抜)

128,900円(税抜)

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ