1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 葛城市

葛城市で給湯器の交換が激安超特価|最大81%割引

葛城市で給湯器の交換を、工事費や処分費込みの激安セット料金でご案内いたします。エコジョーズやエコフィールやエコキュートなど人気の省エネタイプの買い替え、床暖房対応の温水暖房機の取り付け設置、号数の変更、追い焚き機能の追加などご相談ください。お湯が出ない、エラーが頻繁に出る、リモコンの電源が入らないなどのトラブルに最短即日対応が可能です。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

給湯器選びのポイント

燃料の種類

給湯器は入浴や家事などで毎日使いますが、普段気にすることはほとんどありません。故障した給湯器を交換する際にどの機器を選ぶかお悩みでしたら、後継機種または同等品をえらぶことが一番簡単な選択方法と言えます。今お使いの製品と同じ号数や設置タイプや機能が揃っているため、これまで通りの使用感となります。もし号数をアップしたい、エコタイプに買い替えたい、給湯専用から追い焚き付き給湯器に取り替えたいなどの場合は適した製品を選ぶ必要があります。

給湯器の号数とは

号数はその給湯器が1分間に出せるお湯の量を示しており、号数の数字が大きいほど給湯能力に優れます。16号なら1分で16リットル、20号なら20リットルのお湯を1分間に使えるということです。水温の高い春夏を基準とした数値なので、年間を通してお湯を快適に使うには水温の低い冬に焦点を当てて選ぶようにしましょう。簡単な目安では単身世帯など1か所でしかお湯を使わないのであれば16号、2~3人なら20号、4人以上の家族または洗い物とシャワーなど2か所や3か所以上で同時に給湯するなら24号を選ぶことで快適にお湯をお使いいただけます。

オートとフルオートの違い

オートとフルオートは追い焚き付き給湯器の種類です。オートはスイッチ一つで設定温度まで浴槽にお湯はり、お湯の温度が下がれば自動で追い焚きします。一方フルオートはオートの機能だけでなく、湯船のお湯の量が減れば自動でお湯を追加する足し湯機能、汚れが溜まりやすい追い焚き管を洗浄する配管クリーン機能もございます。水位を検知できるため、足し湯や残り湯の沸かしなおしの際にお湯が溢れる心配もありません。
フルオートは便利機能が多い分オートより1万円ほど高くランニングコストもかかりますが、家族人数が多く2人目以降の入浴でお風呂のお湯が少ない、アトピーや肌荒れが気になる、免疫力の低い高齢者や小さなお子様がいる場合にはおすすめの給湯器です。少しでも値段を抑えたい、基本の追い焚き機能のみで十分な場合はオートがおすすめです。

光熱費を節約できる省エネタイプ

省エネ型給湯器は燃料により製品が異なります。ガスはエコジョーズ、石油(灯油)はエコフィール、電気はエコキュートという名称です。
エコジョーズとエコフィールは必要な時に必要な分だけお湯を作る瞬間湯沸かし式の給湯器で、熱効率が高く少ない燃料でたくさんのお湯を効率的に沸かします。エコジョーズでは都市ガスやLPガスの地域の方や、販売終了となったエコウィルからの交換で人気があります。エコフィールは寒冷地で主に選ばれています。
エコキュートはヒートポンプを利用した湯沸かしで、タンクに溜めた水を空気の熱を利用して加熱して保存する貯湯式です。ヒートポンプユニットと専用の貯湯タンクをセットで設置するためエコジョーズやエコフィールより初期費用が高くなりますが、ランニングコストが群を抜いて低いという特徴があります。特にオール電化のご家庭ではガス代や灯油代が不要になるためエコキュートを選ばれる方が増えてきています。

葛城市でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

ずっと使っている給湯器が不調で、シャワーの勢いが弱くて温度も不安定な状態。我慢しているが日に日に調子が悪くなっていくのでそろそろ交換したい。

給湯専用 ノーリツのGQ-168WSからリンナイのRUX-VS1616W-Eに交換

葛城市のマンションで給湯器交換のご依頼をいただきました。お電話連絡を夕方にいただきまして、今ついている給湯器や交換する給湯器について、設置状況など現場の様子について、交換にかかる費用についてなどを細かく打ち合わせして翌日の朝から工事予約をお取りしました。交換する給湯器は追い焚き機能のない給湯専用ガス給湯器で、ご自宅のベランダに壁掛タイプとして設置されていました。まずガスと水を止めて、ホースや配管のつなぎ目を外してから給湯器の本体を壁から取り外します。新しい給湯器と入れ替えて、交換した配管などを本体に繋ぎます。リモコンは台所のみで、こちらも交換しました。最終点検と動作確認で特にも代がなくお湯が出たので作業終了です。

担当者からのコメント

お客様はまず修理を考えたそうですが、使用年数がおそらく13年以上ということで修理は不可能となります。給湯器は古すぎるとメーカーに交換部品がなくなってしまいますし、修理しても別の場所でまた故障トラブルが発生する可能性が非常に高いです。安全かつ快適にお使いいただくために、できれば10年を目安に買い替えることをおすすめいたします。弊社では最長10年の商品保証サービスを格安料金にてご用意しておりますので、劣化による不調の症状が出やすい8年目以降の故障トラブルが心配でしたらご活用ください。

給湯器トラブルの原因と対策

給湯器の寿命は約10年から15年と言われており、環境やお湯の使用頻度に左右されるため一概に何年とは言えません。古くなった給湯器は外見にはわからなくても部品の摩耗や基盤の劣化、配管の腐食など内部の老朽化はどんどん進んでいます。ほおっておくと熱効率の低下から燃料を無駄に消費したり、お湯を沸かすと騒音がひどくなったりすることがあります。

故障の前兆を知る

お湯が出なくなったりする、お湯はりができない、リモコンの電源が入らない、エラーコードが表示される、水漏れが起こったなどの症状があれば交換時期の証拠です。電源を抜き差しして症状が治まる可能性はありますが、完全に故障してから交換に踏み切ると、数日間お湯が使えず不便な思いをすることになるため、余裕をもって早めに交換することをおすすめします。もし、お湯を沸かすと異音がする、ガス臭い・焦げ臭いなどの異臭、目がチカチカする、本体から黒煙やススらしきものが出ている場合はすぐに使用を中止してください。無理に使用すると火災や爆発、一酸化炭素中毒などの事故に繋がる危険性があります。

お湯だけでなく水も出ない

水もお湯も出ない場合、まずはガスコンロなど他のガス機器が使用できるか確認してみましょう。他のガス機器に問題ない場合はバルブがしっかり開栓されているか、フィルターが目詰まりを起こしていないかなども確認してください。配管の凍結は冬場によくあるトラブルで、寒冷地だけでなく温暖な地域でも頻繁に発生します。お湯をかけると配管が破裂する可能性があり被害が拡大しますので、自然に溶けるのを待つか、タオルを巻き付けた上から40℃前後のお湯をゆっくりかけて急激な温度変化を与えずに解凍しましょう。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ