1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 小金井市

小金井市でガス給湯器を激安価格で交換いたします

新小金井、梶野町、前原町ほか小金井市でガス給湯器やボイラーの交換は、年中無休・最短即日工事が可能な給湯器交換のトラブル110番におまかせください。床暖房や浴室乾燥機対応の暖房熱源機、光熱費が節約できる省エネタイプのエコジョーズやエコキュート、安価な給湯専用給湯器など多数ご用意がございます。ノーリツやパロマやリンナイやパーパスなど対象メーカーを問わず交換や取り付けに対応、ご案内は工事費や処分費すべてコミの激安超特価、本体最大81%割引、無料の10年工事保証付きとなっております。

本体最大81%オフのキャンペーン中 ノーリツ
リンナイ
パロマ
お電話はこちら
無料の工事保証は10年

給湯器のタイプは大きく分けて3つ

給湯専用タイプ

給湯専用給湯器は、蛇口やシャワーで使うお湯を沸かすだけのシンプルタイプ。機能が少ないぶん内部構造も単純となりますので、便利機能の多い給湯器に比べて安価で交換することができます。そのため一人暮らし・単身向けのマンションやアパートや寮などでの設置に選ばれることが多い製品です。弊社でも集合住宅で全戸一斉取り付け工事、複数台の交換も承っております。

追い焚き機能付き

浴槽内のお湯を温めなおすことが出来る追い焚き機能が搭載されたタイプ。「ふろ給湯器」と呼ばれており、オートとフルオートの2種類がございます。両者は共通してお湯はりと追い焚きが自動で行われますが、フルオートは足し湯と配管クリーンも自動です。
フルオートはセンサーにより浴槽内のお湯の量を検知しますので、残り湯の沸かしなおしや足し湯では設定水位までお湯が溜まると自動でストップ。配管クリーンは残り湯を排水する時に、追い焚き配管内に新しい清潔なお湯を勢いよく流して洗浄します。追い焚き配管は汚れが残りやすいため、一晩放置するだけで一般細菌が万単位で繁殖してしまいます。特にアトピーやニキビといった肌トラブルが気になる、免疫力が低い高齢者やお子様がいるなら配管クリーンはおすすめです。

暖房付き給湯器

温水式床下暖房や浴室乾燥機など、暖房用のお湯を温めるタイプです。一番人気かつおすすめは、給湯と追い焚きと温水暖房の全てに対応した機種で、1台あれば家中のお湯を作り湯はりや追い焚きなどの風呂機能も充実、温水暖房端末の使用も可能です。
そのほかには給湯と暖房対応の機種、暖房機能のみの機種があります。給湯と暖房対応の給湯器は、浴室乾燥付きのマンションなどで標準設置されていることが多いです。暖房機能のみは熱源機とも呼ばれ、ご自宅に給湯や追い焚き対応の給湯器がすでに設置されており、リフォームなどで床暖房や浴室乾燥を追加したなどの場合に選ばれるケースがほとんどです。

給湯器の号数について

号数は給湯器の給湯能力を表しており、号数が高いほど一度にたくさんのお湯が使えます。一般家庭用は16号、20号、24号の3種類で、16号は1分間に16リットルの給湯が可能、20号なら20リットル、24号なら24リットルのお湯が使えるということです。シャワーでの給湯量は1分間に約12リットルですので、1人暮らしなら16号で十分快適にお湯を使えます。シャワーとお皿洗いなど2か所での同時給湯が予想される2人暮らしや3人暮らしなら20号、更に洗面台での給湯や追い焚きも使用する機会の多い4人以上のご家庭では24号がおすすめの号数です。

小金井市でのガス給湯器交換施工例

小金井市 rinnaiの給湯器へ交換

ご依頼内容

お湯が出なくなった、リモコンの電源もついたり消えたりする、交換して欲しいとのご要望です。

リンナイ RUF-VS1615SAT-80へ交換

給湯器交換工事です。
PS設置前方排気タイプでしたので前板を外します。ブレーカーを落として電源、リモコン線を外します。給水管、給湯菅、追い焚き菅、ガスホースを取り外します。
本体をPS枠から撤去。給水管、給湯菅はフレキ菅でしたのでフレキ菅作製。ガスホースも交換します。新しい本体を枠に取付て固定します。給水管、給湯菅、ガスホース、追い焚き菅を接続します。室内のリモコンを交換します。再度ブレーカーを落とし給湯器交換に電源線、リモコン線を取付。止水栓を開けて水漏れ、動作確認して作業終了になります。

担当者からのコメント

築20年のマンション。16号オートスリムタイプの交換工事です。ガスター OURB-160DN-T→Rinnai RUF-VS1615SAT-80へ交換。
今回はPS設置の前方排気で前板がついているタイプでしたので通常のスリムオートタイプで注文すると排気筒大きく(φ100)が前板にあたり前板が取付できないため排気筒がφ80のを注文しています(前板を加工すれば取付可能です別途かかります)。PS金具は使用していませんが現場で加工して枠に固定しています。

給湯器の故障トラブルを防止するには

給湯器は約10年使用する機器で、交換費用は決して安価ではありません。出来るだけ長く使用するためには、設置環境の整備やトラブル対策が必要です。

排気カバーの必要性

給湯器の周囲に十分なスペースが確保できない場合、排気をうまく逃がすために排気カバーが必要です。給湯器の排気には少量ですが硫黄成分が含まれています。排気が滞留して給気口から酢込まれてしまうと、機器の劣化を早めるだけでなく不完全燃焼の原因にもなりかねません。また、給湯器の排気は従来タイプで約200℃、エコジョーズタイプで約50℃と高温です。排気口の周辺にブロック塀やフェンス、植物など給排気が妨げられる環境では熱がうまく逃げず機器に負担がかかりますし、火災などの事故に繋がる恐れもあります。

凍結を防止する

凍結による給湯器の配管の破裂や水漏れは、寒冷地のみならず比較的温暖な地域においても発生しやすいトラブルです。現行品の給湯器には、本体自体に凍結防止用のヒーターが設置されています。そのため、お湯を使わない時でも給湯器の電源は切らないでおきましょう。給湯器本体外の配管は、基本的に交換や設置の際に保温材を巻き付けて凍結を防止されています。寒波が予想される時は少量の水を流しっぱなしにする、配管用のヒーターを取り付けるなどの対策を行いましょう。

給湯器の中の水を抜いておく

旅行や出張などで長期的に給湯器を使用しない場合、給湯器の中にある水を全て抜いておくことで、凍結事故を防ぐことが出来ます。水抜きの方法は各メーカーにより異なりますが、基本的には運転スイッチを切り、ガス栓と給水栓を閉め、蛇口を全開にしてから水抜き栓を回して外し、水を抜きます。

小金井市の給湯器交換対応エリア

梶野町/桜町/関野町/中町/貫井南町/貫井北町/東町/本町/前原町/緑町

当社の強みはココ!

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ