1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 京都市下京区

下京区でガス給湯器の交換や取り付けが超特価

故障や劣化で給湯器を交換するなら給湯器トラブル110番におまかせください。お湯が出ない、お風呂が沸かない、凍結による水漏れや配管の破裂など、お湯や水道のお悩みを最短即日解決いたします。ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスほか全メーカー製品の買い替えに対応。本体最大は81%OFF、出張お見積りが無料!施工費や古い給湯器の処分費など全てコミコミの価格となります。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

京都市下京区でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

故障した給湯器の交換依頼です。使用期間は10年。メーカーに修理を依頼したところ費用が予想以上に高額だったらしく、交換に踏み切られたそうです。

ノーリツ GTH-2444AWX3H-1 BLへ交換

給湯暖房機の交換です。既設はノーリツのGT-2434SAWX3Hでしたので、GTH-2444AWX3H-1 BLをご提案してお見積りをお出ししました。メーカーに問い合わせると運よく即納してもらえたため2日後に工事が決定。暖房付きの給湯器は納期に10日ほどかかることもありますのでラッキーでした。止水栓とガスコックを締め、古い給湯器から給水管・給湯管・追い焚き管・ガスホース・暖房配管を外して本体と据置架台を撤去。新しい給湯器を設置して逆の手順で配管などを繋ぎ直します。最後に浴室と台所のリモコンも交換した、試運転を行って終了です。試運転で立ち会ってくださったお客様はほっとした様子で、銭湯に行くのが2回で済んで良かったと喜んでくださいました。

担当者からのコメント

給湯器は消耗品のため、約10年ごとの買い替えが理想的です。10年以上使った機器を修理したとしても一時しのぎにしかならず、すぐに別の箇所が故障する可能性があるからです。機械なので当たりはずれはありますが、長期でも問題なく使用できるように丁寧な施工を心がけております。

給湯器の選び方

給湯器の種類

給湯器の交換は基本的に同じメーカーの同機種がおすすめです。工事が複雑ではないため、時間短縮や作業費が比較的安くすむ場合が多いことが理由です。しかし、家族人数が変わった、もっと便利な給湯器に買い替えたい、光熱費を節約したいなどの場合は号数や性能の見直しが必要となります。
また、マンションなど集合住宅タイプや戸建てなど設置タイプによって排気方法が変わりますので適した給湯器を選ぶ必要があります。2階など設置場所によって設置ができない場合もありますので、お問い合わせ前に必ずご確認ください。

号数とは

号数とは給湯器が1分間に出湯できるお湯の量を表しています。【水温プラス25℃のお湯を1分間に何リットル沸かせるか】を判断することができ、16号なら1分間に16リットル、24号なら24リットルのお湯を沸かせるということです。一般家庭では16号・20号・24号の3種類から選ぶことがほとんどで、単身なら16号、2~3人での使用は20号、4人以上の使用なら24号が選択の目安となります。小さすぎる号数だと、給湯能力が下がる冬場での使用や複数個所での同時使用の際に、お湯の出が悪くなるなどの不便さが目立つでしょう。反対に大きすぎる号数を選んだ場合は給湯器の能力を最大限に引き出すことができません。

追い焚き機能

追い焚き機能がある給湯器は、オートとフルオートから選ぶことが出来ます。オートはお湯はりと追い焚きが自動ですが、フルオートは更に追い焚き管の洗浄や足し湯も自動です。追い焚きは浴槽のお湯を給湯器まで循環して温め直すため、皮脂や雑菌などが配管に流れ込み壁に付着してしまいます。付着した雑菌は一晩で1ミリリットルあたり1万個まで増殖するので、毎日清潔なお風呂を楽しむならフルオートがおすすめです。また、ノーリツの新商品であるGT-62シリーズにはプレミアムタイプという1段階上の除菌能力まで兼ね備えた給湯器もございます。残り湯は除菌ユニットで紫外線を照射されるので、お湯の濁りや残り湯洗濯の嫌なニオイを抑制することができます。

給湯器のメーカーについて

給湯器のメーカーは、ノーリツとリンナイのシェア率が高く人気があります。メーカーごとに機能の差はほとんどないため、こだわりのメーカーが無い場合はデザインやリモコンの操作性で選ぶと良いでしょう。今使っているメーカーから後続機種が出ている場合は、機能の変更がなければ後続機種の選択がおすすめです。給湯器を交換するにあたり、メーカーに変更があっても配管や本体の位置を調整することで問題なく取り付け交換が可能です。今お使いのパーパス・パロマ・コロナ・ナショナル・長府製作所・ガスター製品からの買い替えもお気軽にご相談ください。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ