1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 京都府右京区

京都府右京区で給湯器の交換に年中無休対応!

右京区で給湯器の交換や取り付け工事に年中無休で対応いたします。お湯と水道の専門業者がリンナイやノーリツやパロマなど人気メーカーの給湯器を10年工事保証付きでお取り替えいたします。故障による買い替えはもちろん、エコジョーズやエコフィールへの交換、追い焚きや暖房付き給湯器への付け替えもおまかせください。本体価格は超特価の最大81%割引。古い給湯器の処分費や作業費などすべてコミコミでご案内します。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

給湯器の種類を知ろう

都市ガス、プロパンガス、石油

給湯器がお湯を作るには燃料が必要で、一般的にはガスもしくは石油を使用します。ガスには都市ガスとプロパンガスがあり、都市ガスはガス会社が供給しているエリア内で自宅前にガス管が通っている場合に使用できます。プロパンガスはLPガスとも呼ばれ、都市ガスが供給されていないエリアなどで家庭ごとに独立してボンベを設置します。石油給湯器(ボイラー)は寒冷地などで主に使用され、給油をする必要がありますが給湯能力に優れています。それぞれ使用する機器が異なりますので、給湯器を買い替える際はお使いの給湯器のガス種を間違えないように注意しましょう。

適切な号数を選ぶ

号数とは給湯器の給湯能力を示しており、【1分間に水温+25℃のお湯を何リットル沸かすことが出来るか】を判断することができます。16号なら1分間に16リットル、20号なら20リットル、24号なら24リットルのお湯を供給できるということです。この数値は春や秋を基準としたものですので、水道水の温度が下がるため給湯能力も低くなる冬場のことを考慮することをおすすめします。大きめの号数を用意しておくことで、「冬にシャワーが弱い」、「お湯の出が遅い」といったストレスを感じず快適にお湯を使うことが出来るでしょう。

追い焚きタイプにも種類がある

給湯器の人気機能の一つとして「追い焚き」がございます。追い焚き付き給湯器にはオートとフルオートがあり、共通の機能はスイッチを押すだけの簡単お湯はりと、追い焚きが自動ということです。
フルオートの場合はさらに機能が追加されており、浴槽のお湯が減ると自動で足し湯を行い、残り湯を排水する際には追い焚き配管内を自動で洗浄します。追い焚き用の配管は、皮脂や体に付着している菌が流れて配管壁にとどまりやすいため細菌が繁殖しやすい環境なのです。オートとフルオートは1万~2万ほどの差額ですので、免疫力が低い小さなお子様や高齢者がいる、肌荒れが気になる、家族人数が多くてお風呂のお湯が冷めやすいなどの場合はフルオートが断然おすすめです。

京都府右京区でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

戸建ての給湯器交換依頼でした。お湯は出ているが、追い焚きをしてもお湯が温まらない。給湯器の使用年数が18年くらいなので交換をご希望です。

ノーリツ GT-1650SAWXへ交換

夜にお電話いただきまして現場状況をお伺いしました。本体の劣化がひどく既存の機種の品番が消えており、わからない状況です。
給湯器の設置場所は1階の駐車場奥で、壁掛けタイプでした。早めの工事をご希望されていましたので在庫している給湯器の中からGT-2060SAWXでお見積りさせていただきました。既存の給湯器メーカーは日立ですが、今回はノーリツの製品です。給湯器の性能はほぼ同じ。お客様も想定していた金額の予算内だったそうで工事のご依頼をお受けしました。作業はお電話いただいた次の日の朝から開始です。
まずガスと水を止めて給湯器と配管の繋ぎ目を外します。次に既存の給湯器を壁から外し、新しい給湯器に入れ換えて壁に固定。本体が固定できたら先程外したガス管と水の配管を繋ぎ直し本体の取り付けは終了です。あとは浴室と台所のリモコンも交換します。取り付けがすべて終わり最後に水漏れなどないか試運転し問題がないかチェックし特に問題なくお湯がでましたのでこれで作業完了です。

担当者からのコメント

点検に来たガス屋さんからそろそろ交換したほうがいいと言われていたため不具合が起きた時はすぐに諦めがついたとお聞きしました。18年使用された給湯器でしたので傷みがひどかったですが、これまで特に問題はなかったのだとか。給湯器は10年が適正の交換時期なので、かなり長持ちです。機械なので当たりはずれはありますが、今回もできるだけ長持ちできるよう丁寧な工事をさせていただきました。お客様にも満足していただけたようで良かったです。

給湯器を交換するタイミングとは

交換の目安は10年

給湯器はメーカーによって「安全に使用できる期間は10年」と定められており、よほど環境や使用方法に問題が無い限り10年間は通常に使用することができると言えます。ものによっては15年を超えてもなお現役で稼働している機器もありますが、10年目以降に故障した場合は原則交換となります。
その他の交換時期の目安としては、お湯が出ない・お湯の温度設定が効かない、リモコンにエラーコードが何度も表示されるなどの症状がある場合です。湿気やホコリの蓄積による基盤への影響、配管や配線の劣化などにより、不具合が出ていますので、完全に壊れてお湯が全く使えなくなるその前に交換がおすすめです。

異常が発生したら、無理に使用しない

近年の給湯器は安全性に優れています。しかし、ガスと火を使用するため取扱いには十分注意しなければなりません。もし、お使いの給湯器から黒煙が出ている・本体から爆発音などの異音が聞こえる・ガスや焦げくさいニオイがする場合は不完全燃焼を起こしている可能性が高いので使用を中止してください。一酸化炭素中毒や火災などの原因となるため非常に危険ですので、必ず修理や点検を行うようにしましょう。

お湯だけでなく、水も出ない

お湯も水も出ない場合は、給湯器ではなく水栓や水道管に原因がある場合があります。凍結で水が蛇口や給湯器まで供給されていない、劣化した配管に亀裂が生じて水漏れしてしまっているなどが考えられます。
また、お湯だけ出ない場合は他のガス機器が使用できるか確認してみましょう。問題なく使用できた場合、バルブが開栓されているか、フィルターに詰まりが無いかなども確認してみてください。当社はどちらに原因が合った場合でも対応が可能ですので、右京区でお湯や水道のトラブルはお気軽にご相談ください。

右京区の給湯器交換対応エリア

太秦 / 宇多野 / 梅ケ畑 / 梅津 / 御室 / 音戸山山ノ茶屋町 / 北嵯峨 / 京北 / 西院 / 嵯峨 / 谷口 / 常盤 / 鳴滝 / 西京極 / 花園 / 東梅津前子町 / 山越 / 山ノ内 / 龍安寺 / 若草町

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ