1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 守山市

守山市|給湯器の交換 工事費・処分費コミ、本体最大81%オフ

給湯器の交換、取り付け設置をお考えなら守山市の専門業者【給湯器トラブル110番】へ。年中無休の最短即日工事対応が可能ですので、突然の「お湯が出ない、水漏れ、騒音、電源が入らない」などの故障や不具合、経年劣化による給湯器の取り換えはおまかせください。リンナイやノーリツやパロマを中心とした国内メーカー品のみ取扱い、エコジョーズやエコキュート、温水暖房機、フルオートタイプなど高機能な人気タイプも工事費や処分費コミの超特価セット料金でご案内いたします。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

給湯器の種類

給湯器にはお湯を出すだけのシンプルな機器から、追い焚き保温やお湯はり機能付き、光熱費が節約できるタイプなどの種類があります。どの給湯器に何の機能が搭載されているかを簡単に解説します。

給湯専用タイプ

シンプルにお湯を沸かすだけの機能で、お風呂や台所などへお湯を送ります。手動で給湯栓を開けてお湯はりを行い、浴槽内にお湯が溜まれば手動で給湯栓を閉める必要があります。オートストップ付きならお湯が溜まると自動でお湯を止めるので、栓を閉め忘れてお湯を溢れさせてしまう心配はありません。

ふろ給湯器

給湯のほかに、お風呂のお湯はりと追い焚き保温までを自動で行います。

オートは基本のお湯はりと追い焚きだけで、お湯はりは設定された量のお湯を浴槽内に溜めます。

フルオートでは足し湯と配管クリーン機能も搭載されており、水位センサーでお湯の量を計測するので前日の残り湯の沸かしなおしでお湯が溢れて無駄になる心配がありません。配管クリーン機能は残り湯を排水する際に、新しい清潔なお湯を追い焚き用の配管に勢いよく流して汚れを洗い落とします。追い焚き管内には汚れが溜まりやすいので肌荒れやアトピー対策や、免疫力の低いお子様や高齢者がいるご家庭におすすめです。

床暖房、浴室乾燥対応

床暖房や浴室乾燥機やパネルヒーターなどの暖房端末は、熱源機で暖められた不凍液の熱で暖房されます。給湯器がすでにある状態で暖房機能が欲しい場合は熱源機単体の設置で対応できますが、暖房と給湯が1つの機器で使用できる温水暖房付き給湯器に交換した方が工事費や本体代を抑えることが出来ます。おすすめかつ一番人気は、追い焚き機能も使える温水暖房付きふろ給湯器です。

省エネタイプ

上記でご紹介した給湯専用器、ふろ給湯器、温水暖房対応機には、それぞれ従来型とエコジョーズタイプがあります。エコジョーズは潜熱回収型ガス給湯器の愛称で、従来型では大気中に捨てている約200℃の排熱を回収して水の加熱に使用します。そのためガスの消費量を減らした効率的な給湯が可能となり、毎月の光熱費を安く抑えることができるのです。エコジョーズは機器の構造が複雑なので、従来型より本体価格が高額となります。しかし光熱費を節約できるため、2~3年も使えば差額をすぐ回収できるでしょう(4人家族/24号の想定)。給湯器の耐用年数は約10年なので、長期的に使用することを考えるとエコジョーズへの交換がお得です。

守山市でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

給湯器が壊れてお湯が全く出てこなくなったので交換したいとご連絡をいただきました。最短日時での対応がご希望です。

リンナイの給湯器RUF-V2008SAWからRUF-A2005SAWへ交換

守山市で壁掛タイプのガスふろ給湯器の交換工事を担当しました。通常の屋外壁掛タイプの給湯器は機器本体の上部3本、下部2本のビスで壁に固定することがほとんどですが、こちらのお宅では上部に細めのビス5本で固定されており、そのうち数本が抜けかかっていました。あまり頑丈な壁でないためか、もしくは目地に打ち込んであったためか多めにビスを打ったようですが、ビス自体が細いのであまり意味は無かったのではないかなという状態でした。なので、今回は目地を避けてビス止め穴を開けなおして壁用のアンカーを取り付けてからしっかりと固定させていただきました。

担当者より

給湯器は大体10年くらいで寿命がきますが、使用環境は機器によってはかなり長持ちすることもあります。今回交換した給湯器は約20年稼働していたらしく、お客様がメーカーに電話したところ、見に来るまでもなく修理不可能な年数のため交換してくださいと言われたそうです。お湯が出なくなってしまう前に買い替えると生活に支障がでませんが、何の前触れもなく急に故障してしまうこともあります。守山市の給湯器トラブル110番では最短即日工事が可能ですので、緊急のご依頼もお気軽にご連絡ください。

給湯器は修理と交換どちらが良いか

給湯器は約10年ごとの交換が推奨されており、メーカーが修理部品を保有する期間も10年です。つまり、10年以上使った給湯器は基本的に修理ができなくなるのです。使用開始から年数の浅い場合で保証期間内ならメーカーに無償で修理してもらえますが、部品の種類や設置環境によっては実費となる場合もあります。8年目以降など古い機器で修理費用が高額だった場合は、別の個所に故障が発生する可能性がある、数年内には必ず交換の必要がある、熱効率が下がっているなどの理由や安全面から買い替えがおすすめです。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ