1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 泉南郡岬町

【岬町】給湯器の交換や取り付けが激安!最大81%OFF

泉南郡岬町でガス給湯器やボイラーを格安価格で交換いたします。ご案内はノーリツやリンナイほか国内大手メーカー品のみ、エコジョーズやエコフィール、給湯専用から温水暖房機まで工事費や古い給湯器の処分費など全てコミコミの激安超特価料金設定となっております。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

給湯器の基本性能を知ろう

号数とは

号数は給湯器の給湯能力を表しており、一般家庭では16号、20号、24号が主流です。給湯能力は1分間に使えるお湯の量のことで、単純に16号なら1分間に16リットル、20号なら20リットル、24号なら24リットルとなります。ただし、この基準は水温の高い春夏の場合です。水温が下がる冬場のことを考えて大きめの号数を選ぶことで、年間を通して快適にお湯をお使いいただけるでしょう。特にお風呂のシャワーとキッチンの洗い物など、複数個所で給湯するなら高い号数が必要となります。

号数を選ぶ目安

単身世帯・1人暮らしなら16号で年間を通してパワフルな水圧でシャワーを楽しめます。2~3人暮らしなら20号がおすすめで、シャワーと皿洗いなど2か所までの同時給湯で問題なくお湯が使えます。3~4人以上のご家庭であれば24号を選ぶことでシャワーと他2か所で快適にお湯が使用できます。

オートとフルオートの違い

追い焚き付きの給湯器は「ふろ給湯器」と呼ばれ、オートとフルオートの2タイプがあります。

オート

オートは浴槽へのお湯はりと追い焚きを自動で行います。シンプルなふろ機能のため、フルオートより本体価格が安くなります。

フルオート

フルオートは浴槽のお湯はりと追い焚き、更に足し湯と配管クリーン機能があります。水位を検知するので前日の残り湯の沸かしなおしや足し湯の際には設定水位までお湯が溜まると自動でお湯をストップします。また、フルオートの人気機能である配管クリーン機能は、追い焚き管の壁に付着した皮脂汚れや湯垢などを排水時に洗い流すことができます。追い焚き管内では細菌が繁殖しやすい環境ですので、特にアトピーなど肌トラブルが気になる、免疫力が低いお子様や高齢のご家族がいるならフルオートがおすすめです。

エコタイプの給湯器、エコジョーズがおすすめ

省エネタイプのガス給湯器はエコジョーズと呼ばれ、熱効率が95%ですので排熱ロスはたったの5%です。エコジョーズでない従来型給湯器よりガスの消費量が少なく、効率的にたくさんのお湯を沸かすことが出来るようになりました。ガス消費量が減るとガス代を安く抑えることが出来ます。エコジョーズは本体費用や工事費が従来型より高額ですが、ランニングコストが安いため、数年使えばすぐに従来型との差額を取り戻せます。また、CO2排出量も低減できるため、家計と環境にやさしい給湯器として各自治体などから推奨されています。

岬町でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

管理しているアパートの給湯器が古いため、空室になっている3戸分をまとめて交換したいとご連絡をいただきました。

ノーリツGQ-1637WEからリンナイのRUX-A1616W-Eへ交換

泉南郡岬町で給湯専用給湯器を3台交換させていただきました。設置場所はベランダで、外壁に取り付ける壁掛型タイプの16号です。交換機種は現在取り付けられている給湯器と同等品がご希望、メーカーは特に問わないということでしたのでリンナイ製をご案内させていただきました。事前に調査に伺っていたので、当日は特に問題もなくスムーズに作業を終えることが出来ました。
給湯器を撤去するには電源を外さなくてはならないため室内のブレーカーを落としてから作業スタートとなります。また、台所や浴室のリモコンは、もちろん室内で作業をさせていただきます。アパートやマンションなどの場合は入居者様か大家さんの立ち合いをお願いしておりますので、空室の間に全て終らせることが出来て良かったと思います。これで新しく入居者様が来られても安心だとオーナー様にも喜んでいただけました。

担当者からのコメント

春になると賃貸物件の入退去に伴う給湯器交換が増えてきますね。今シーズンは給湯専用がメーカー欠品になるほど交換が増えています。給湯器の種類によっては数日納期がかかる場合もあるので、調子が悪い場合は壊れる前に余裕をもって交換することをおすすめします。給湯器の交換の目安は10年以上使用期間が経過している、8年以上で調子が悪くなってきているなどです。特に修理したことがある機器にまた不具合が起きた場合は早めの買い替えがおすすめです。
今回のように複数台の場合は表示料金よりさらにお値引きさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ