1. 給湯器のトラブル110番
  2. 対応エリア
  3. 横浜市瀬谷区

給湯器が激安価格最大81%オフ!瀬谷区市の給湯器交換に最速対応

ガス給湯器の交換に横浜市瀬谷区の専門業者が最短即日対応。リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスなど人気メーカー品のお取り替えが工事費や処分費込みの超特価となっております。エコジョーズ、追い焚き付き給湯器、風呂釜、瞬間湯沸かし器ほか幅広いガス機器をお得に買い替えるなら弊社にご連絡ください。お湯が出ない、リモコンの電源が入らない、配管や本体から水漏れしているほかご相談は給湯器トラブル110番へ。

ノーリツ
リンナイ
パロマ

当社の強みはココ!

追い焚き付きの給湯器について

追い焚き機能は、給湯器の便利な能力の一つとして大変人気があります。冷めたお湯を設定温度まで自動で温めて保温するため、冬場の入浴や長湯にも最適。「誰かが入浴した後はお風呂のお湯がぬるい」といったお悩みも解決できますので、2人以上で給湯専用タイプをお使いでしたら買い替えには追い焚き付きの給湯器をおすすめいたします。

オートとフルオートとは

追い焚き付きの給湯器にはオートとフルオートの2タイプがあります。オートは浴槽への湯はりと追い焚きが自動で、シンプルな基本性能のみですのでフルオートより1万円ほど値段が安くなります。
対してフルオートは湯はりと追い焚きのみならず足し湯と追い焚き配管の洗浄機能も搭載されており利便性に優れています。追い焚き管は汚れが溜まるため細菌の温床となりやすい環境ですが、フルオートは残り湯を排水すると自動で清潔なお湯で配管を洗浄します。

ノーリツ限定「プレミアム」なら除菌も対応

オートとフルオートは給湯器を取り扱っているメーカーの中でもポピュラーな製品ですが、ノーリツには独自の機能を搭載したプレミアムタイプもございます。
プレミアム最大の特徴はUV除菌ユニットが搭載されている点で、夜中などお風呂を使わない時間にお湯を給湯器本体まで循環させてUVランプを照射し、除菌します。除菌によりお湯の濁りや嫌な臭いを抑制するため、翌日にお湯を沸かしなおしてお風呂に入る・残り湯を洗濯に使うご家庭でおすすめの商品です。プレミアムはGT-C62シリーズの屋外壁掛型のみとなっております。

追い焚きと高温差し湯の違い

お風呂のお湯の温度が下がると、追い焚きまたは高温水供給によりお湯を温めなおします。追い焚きは湯船のお湯を給湯器本体まで循環させて再度加熱します。浴槽内の穴が一つであれば強制循環式と呼ばれる設置フリータイプ、2つ穴であれば自然循環式で浴槽のすぐ近くにしか本体を設置できません。
高温差し湯は高温水供給式の給湯器で、よく「追い焚き感覚が得られる」記載されていますが厳密には追い焚きとは異なります。お湯の温めなおしでは約80度と高温のお湯を追加して浴槽内のお湯を温めるため、追い焚きと違い新しく水を消費することになるのです。もちろん浴槽内のお湯は増えて水位が上がることになりますので、追い焚きと高温差し湯であれば追い焚きの方がお得に使えると言えます。

瀬谷区でのガス給湯器交換施工例

ご依頼内容

給湯器本体の下から水が漏れている。13年以上使っている古い給湯器なので修理が出来ないとガス会社に言われた。すぐにでも交換してほしい。

ノーリツ GS-1600C-1へガス給湯器を交換

瀬谷区にあるマンションでガス給湯器を交換させて頂きました。取り付けられていた給湯器が珍しいものだったので、同等機種とパイプシャフトの扉も用意していきました。パイプシャフトの扉を交換しなければ排気筒がうまく外に出ず、扉を閉められなくなってしまうので新しい扉への交換も必須状況です。元はパーパスですが、今回はノーリツ製品からGS-1600C-1を選定しました。あまり担当する機会のない壁組み込み型の機種でしたが、取り換え用の専用返還金具も梱包されていたので確認しながら1つずつ作業を進めると、何のこともない普通の給湯器と同じように作業を終えることが出来ました。

担当者からのコメント

今回は少々珍しいタイプの給湯器でしたが、問題なく完工できてよかったです。これまで膨大な量の給湯器を交換させてもらっていますが、まだまだ勉強することもたくさんありますね。他社さんに断られてしまった案件でも何度も解決してまいりましたので、珍しい給湯器の交換依頼も是非弊社におまかせください。

給湯器のトラブルと耐用年数

毎日お湯を沸かしている給湯器ですが、消耗品ですので故障や不具合などの症状があれば、修理や交換やメンテナンスが必要となります。お風呂やシャワー、洗い物など生活に必要なお湯は1日でも使えなくなると大変不便ですので、寿命や故障のサインを見落とさず、適切な時期に交換するようにしましょう

給湯器は約10年ごとに買い替えよう

給湯器などのガス機器は各メーカーより耐用年数は10年と定められています。10年以上経過していると、交換部品の製造が終了しているため修理ができず交換が必須となります。また、熱効率も低下しており無駄なガス代の発生を防止するためにも、古い機器は早めの買い替えがおすすめです。

給湯器の故障のサイン

給湯器が壊れる原因は、経年劣化による配管や内部部品の消耗、ホコリや湿気による制御基盤の傷みなどが挙げられます。不具合や不調の主な症状には、お湯が出ない、お湯の温度や水圧が不安定になる、給湯器の本体や配管から水が漏れている、リモコンにエラーが出る、電源が入らないなどがあります。
給湯器だけでなく湯沸かし器や風呂釜でも同様の症状があれば寿命が近い証拠です。また、10年以上使っている古い機器は、通常通りにお湯を作っていても突然故障するケースも多々あるので注意が必要です。

お問い合わせの前に

給湯器の選び方

お電話から設置までの流れ